ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まむしニョロニョロ、ありがとうございました! | main | 「最後の演歌師」 >>
2016.06.09 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.09.24 Wednesday

どうにも

ここ数日で 突然心を奪われた曲があり
取り憑かれたように繰り返し聴いて メロディと歌詞を噛み締めているのですが


ずっと前から持っていたアルバムのなかの1曲なのに
どうして今こんなにズバッと来たのか 不思議だ

私の表現したい世界観と似ているけれど
でも私にはとても思いつかなかった、触れてほしくなかったところに軽々と触れてしまうような、詞
そしてそれをなんでもないことのように飄々と歌っている、ように感じる

聴いていると 叶わぬ恋でもしたかのように胸が苦しいほどです


すぐにでもカバーしたいとは思うのだけど
あまりにも好きになってしまったので
この曲を歌う自分は 胸を張って しっかり自分の歌として歌えるのでなければ
人前でやれないと、
歌ってみる前から思っていますが

今日はもう遅いので
明日にでもスタジオで思いっきり歌ってみよう


 
2016.06.09 Thursday

スポンサーサイト

コメント
数年前にたまたま通りかかった深夜のFujirock苗場食堂から
お妙さんの歌声にすっかりやられてしまった者です。

きっかけなんてのは何処に転がってるか解らないですよね。
お妙さんの歌声を聞いた あの日から都内近郊のライブにはちょこちょこお邪魔しております。

私は「泪橋」と「蛙と豆鉄砲」にすっかりトキメイてしまい、
墓場まで持って行こうと思っている次第であります。

いつかご自身で納得できた上で、ライブで披露してくださるのを
今から心待ちにしております。
  • tetsu
  • 2014.10.23 Thursday 23:38
こんな半ば死に体のブログにコメントを寄せてくださる方がいたとは!
うれしいお言葉ありがとうございます。

最近、この曲のカバー、ライブで歌い始めています。
完全に納得がいったというわけではないのだけど、
惚れた曲なら歌いながら試行錯誤するのもまた楽しいです。
次はここんとこにもっと感情込めてみようとか
逆に素っ気無く歌ってみようとか。

この春は都内近郊のライブが多そうです、
是非また聴きにいらしてくださいネ!
  • 2015.02.08 Sunday 01:53
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR